下痢のイメージ画像

生漢煎 防風通聖散(生漢煎 ぼうふうつうしょうさん)は便秘や肥満に効果のある漢方薬なのですが、便秘に対する効果が高く下痢を引き起こしてしまう可能性があります。

もし、生漢煎 防風通聖散で下痢を起こしてしまったらどうすればいいのでしょうか?

対処法についてご紹介します。

生漢煎 防風通聖散で下痢を起こしてしまったらどうする?

生漢煎 防風通聖散はダイエットや便秘に効果を発揮する成分が配合されています。

腸に強く働きかける芍薬(シャクヤク)

ボタン科シャクヤクの根を乾燥させた生薬で血液循環を改善させる働きがあり、主に冷え性や婦人科の病気に悩む人の漢方に配合されています。

芍薬は痙攣を抑える働きがあり、これが腸に働きかけることにより便秘を解消します。

ストレスにより腸管が痙攣しているタイプの便秘に効果を発揮します。

その他の原因による便秘の場合、生薬の働きが適さないため腹痛や下痢を起こしてしまう可能性があります。

排便を促す大黄(ダイオウ)

タデ科ダイオウや同属の植物の根や茎を乾燥して作られる生薬で、西洋薬にもよく使われます。

排便を促し、便秘を改善する作用があります。

他の生薬と組み合わせることで効果を高めることができ便秘将軍ともいわれています。

ビフィズス菌をはじめとした腸内細菌の代謝によって効果の強度が変わってくるため、腸内細菌を多く持っている人ほど高い効果を発揮します。

そのため、腸内の細菌の状態によっては下痢や腹痛を起こす場合があります。

最近はダイエットに効果的として大変話題になったため、ダイエット目的で飲み始める人が増えてきました。

しかし、ダイエット目的で飲み始めたものの普段便通に関しては問題のない人の場合、便通を促す作用によって胃や腸が活発になりすぎてしまい、下痢を引き起こしてしまうことがあります。

少しくらいの下痢であれば問題はないのですが、体力が低下してしまったり仕事や学業に支障をきたすような下痢であれば問題ですよね。

このような体に悪影響を与えてしまう副作用が出てしまった場合の対処法をご紹介します。

飲む量を減らす

生漢煎 防風通聖散は漢方薬ですから、人によって容量が変わります。

しかし、市販されている商品はあらかじめ決まった容量で配合されていますから、もともとお腹の調子が悪くない人には多すぎることもあるんですね。

ですから、通常であれば1日3回飲むように指定がされていますがこれを1日2回や1回にするなど、量を減らすといいでしょう。

ダイエットに対する効果も減ってしまうかもしれませんが、下痢の症状も改善するはずです。

下痢に効く食べ物を摂取する

あまりにも下痢がひどい場合は下痢に対して効果を発揮する食べ物を食べてみましょう。

すりおろしたりんごや紅茶、にんじんなどが効果的です。

下痢がひどいからといって下痢止め薬を飲むようなことはやめてくださいね。

医師に相談する

飲む量を調整したり、下痢に効く食べ物を摂取しても下痢が改善しない場合は服用を中止してお医者さんに相談しましょう。

防風通聖散は病院でも処方される漢方ですから、漢方を取り扱っている病院の場合、同じような働きの漢方で下痢の作用を起こさないものを処方してくれる場合もあります。

生漢煎 防風通聖散はうまく使えば便秘や肥満に対して満足のいく効果を得られる漢方薬です。

体に合う・合わないはもちろんありますので体調を見つつ、量を調整しながら一番ベストな使い方を考えるといいでしょう。


⇒ 生漢煎 防風通聖散の詳細はこちら