カートとキーボードの画像

病院で処方されるものと同じクオリティの漢方薬である生漢煎 防風通聖散はその安全性と高い効果から話題を集めています。

そんな漢方薬が市販されていて手軽に買えるのであれば嬉しい話ですが、実際はどうなのでしょうか?

生漢煎 防風通聖散が市販されているのかどうかを取り扱いの店舗から調べてみました。

生漢煎 防風通聖散が市販されているのかどうかを調べてみた!

生漢煎 防風通聖散は配合されている生薬の力で代謝を促進し、脂肪の燃焼を助けます。

また、体内に老廃物が蓄積するのを防ぐために排出の手助けも行います。

これらの働きによって肥満や便秘、むくみの解消に効果を発揮します。

痩せたくても厳しい食事制限や運動に耐えられず諦めてきたという人のサポートをするための漢方薬です。

今まで何をしてきても痩せられなかったのに、これを飲めば痩せられるって考えたら、すごいですよね!

手軽に手にとって購入ができる薬局やドラッグストアなどで市販がされているのかを調べてみました。

調べてみた結果ですが、大手の薬局やドラッグストアでも生漢煎 防風通聖散の取り扱いはありませんでした。

他の会社の防風通聖散は販売されていたのですが、生漢煎の商品は市販されておらず、インターネット販売のみとなっているようです。

その大きな理由は経費の削減にあります。

防風通聖散という商品、実は多くのメーカーが売り出しています。

小林製薬のナイシトールやロート製薬の和漢箋などが有名ですね。

これらの商品も、防風通聖散を配合していて同じような効果に期待ができるのですが、実は値段が大きく違います。

有効成分である防風通聖散の配合量はナイシトールと和漢箋は5gなのに対し、生漢煎 防風通聖散は4.5gです。

もちろん、配合量が少ない生漢煎 防風通聖散の方が値段が安いのは当たり前なのですが、その値段の差はかなり大きなものでした。

ナイシトール:3か月分/¥24,300
和漢箋:3か月分/¥22,032
生漢煎:3か月分/¥14,500

どうでしょうか?40%近く値段が変わってくるんです。

この値段の差は市販しているか、していないかの差です。

薬局などで市販する場合、仲介手数料や流通費、人件費など多額のお金がかかってきます。

そのため、その金額を商品代金に上乗せする必要があるんですね。

ナイシトールや和漢箋に関してはCMも多く放映されているので広告費による商品代金の値上がりもあるでしょう。

生漢煎は通販サイトだけの販売に限定し、広告も大きくうたないことで商品価格の削減に成功しています。

生漢煎を購入する場合は公式サイトから購入しましょう。お得な定期コースが用意されています。

毎月1箱お届けコース

通常価格¥7,800(税抜)のところ、初回限定で¥3,900(税抜)で購入が可能!2回目以降も¥5,900(税抜)で購入できます。

3か月に3箱お届け定期コース

3箱の合計通常¥23,400(税抜)のところ、初回限定で¥14,500(税抜)で購入が可能!2回目以降も¥16,500(税抜)で購入できます。

さらに、今なら植物由来成分を90%以上配合したボタニカルホットジェル(¥2,460相当)を無料プレゼントしてくれます♪

定期コースに申し込むと送料や手数料が無料になりますし、毎回決まった日に自動的に届けてくれるので買い忘れる心配がありません。

おまけに回数の縛りがなく、いつでも変更や解約が可能なので定期コースのデメリットが一切ありません。

ただ、お得に購入できるだけのコースです。

このように出来るだけ安く提供できるように努力しているのが生漢煎を販売するアインファーマーズという企業なんですね。


⇒ 生漢煎 防風通聖散の詳細はこちら